小顔矯正はどれぐらいの頻度とタイミングでいけば効果が出るのか

小顔矯正はどれぐらいの頻度とタイミングでいけば効果が出るのか

女性であれば誰もがあこがれる小顔、シャープなフェイスライン、たるみのない引き締まった頬、これらを求めて小顔矯正の施術を受けてみようか、とお考えの方も多いでしょう。

しかし、どのくらいの期間かかるのか、何回くらいで効果が出るのかといったことが分からず、先送りにしている、というケースもあるかと思います。そこでこのコラムでは、当院・手技道の小顔矯正はどのくらいで効果が出るのか、何回くらい行く必要があるのか、などを取り上げます。小顔矯正を考えている方は是非参考にしてください。

小顔矯正の効果は一度でも実感できますが、定着するには時間がかかります

当院で小顔矯正を体験された方の多くは、1回の施術ではっきりと効果があることに驚かれると思います。その点では共通性が高いのですが、それ以降に関しては個人差があると言えます。

実はこの1回目の驚くような効果のほとんどは、むくみの解消によっておこるものです。当院のように手技に精通した者がそのテクニックと専用の機器を用いた施術を行えば、蓄積したむくみを取り除くことは難しいことではありません。ですから、「結婚式などのイベントなどを控えているので、特定の日だけすっきりした顔になりたい」という方なら、この1回でも十分でしょう。

しかし、根本的に小顔矯正を行うということは、身体に歪みがあるという前提があります。施術によってその改善を行い、結果として定着した小顔が得られるのです。身体の歪みは色々な生活環境などで積み重ねられてきたものでもありますから、1回の施術で終わってしまえば、その歪みを記憶している身体が徐々に元に戻ろうとします。その戻ろうとする力も施術の効果で弱くしていきますので、定着するまでにある程度の時間がかかる、ということを理解していただきたいと思います。

小顔矯正の効果を持続するために、まず3ヶ月を目安に通い続けましょう

小顔矯正の効果を持続するためには、ある程度の期間通っていただくことが必要だと理解していただけたと思います。では実際にはどのくらいの頻度で、何か月くらい通えば良いのでしょうか。これには前述したように個人差があり、またご予算の都合もあると思いますので一概には言えませんが、期間としては3か月を目安にしていただきたいと思います。

ダイエットや筋肉をつけるトレーニング、食事療法による体質改善でも、ほとんどの身体の改善に関して、この3か月という期間が目安となります。それは体内の細胞が入れ替わるにはそれだけの期間がかかるからです。

前項でも記述しましたが、瞬間的にむくみをとるなら1回の施術で効果が出ます。しかし、定着した小顔を手に入れたい、と思う方はこの3か月を目安として通われることをお勧めします。

なお、当院は1週間に1回の施術で、5~6回、だいたい2~3ヶ月ぐらいを目安としています。念のため当院では施術7回セットを準備しています。生活習慣などにより、顔そのものに負担をかけている人がいらっしゃるためです。水分の多い人、甘い物が好きな人は、すぐに元に戻ってしまいやすく、定着するまでに時間がかかる傾向にあります。

最初のうちは頻度を高めに。施術の効果を感じ始めたら全身のバランスなどにもアプローチ

ではその3か月の中で、どのくらいの頻度で通うのが適切なのでしょうか?

1回目の驚くような効果を保ったままそれをしっかりと定着させるには、最初のうちは頻度を高めに設定して通う方が良いでしょう。具体的には1週間に1~2回くらいが理想的です。少しお金はかかりますが、最初に集中的に施術を受けた方が効果が上がります。短期間でしっかりと効果を出して、次の月は週に1~1.5回という風に緩めていくのがおすすめです。3か月目に定着してきたことが確認できてきたら、月に1回くらいでも効果を実感していただけると思います。もちろんご予算の都合もあるでしょうから、ご相談しながらペースを考えていきましょう。

また、小顔効果を実感したことをきっかけに、むくみにくい身体作りや、全身のバランスを良くすることを考えてみるのも大切です。顔のむくみ、たるみが起こるのは以下のような要素によります。

肌のハリの低下

年齢とともに、本来肌に含まれているコラーゲン、エラスチンが減少し、肌のハリが失われ、たるみやしわの原因になります。紫外線や乾燥、コラーゲンの元となる栄養素の不足、ヒアルロン酸の減少などもその要因です。

表情筋の衰え

顔には表情筋と呼ばれる30を超える筋肉があり、これらも加齢や動作の不足で衰えていきます。その結果として顔のたるみとなって現れるのです。

姿勢の悪さ

猫背や頬杖をつくクセも顔のたるみに直結します。また、長時間のデスクワーク、ヒールの高い靴を必要以上に履くことなどにも要注意です。
これらを改善するには、以下のようなことを心がけると良いでしょう。

  • 正しい姿勢を心がける
  • バランスよく食事を取る
  • 身体に合った施術を受ける

もちろん加齢などもあり、生活習慣に気を付けるだけでたるみの全てがとれる訳ではありません。そのために、小顔が定着してからも月に一回程度は小顔矯正の施術を受け、スッキリとしたむくみやたるみの無い小顔を保ちましょう。

まとめ

定着した小顔を手に入れるために小顔矯正に必要な期間や回数、そしてその大敵がたるみやむくみであることをご理解いただけたと思います。

実際の効果の出方には個人差がありますから、具体的には小顔矯正のご相談にお越しいただいた際に細かくお話させていただきます。当院の技術であれば、さまざまな方の小顔矯正に対応可能ですから、適切なアドバイスが可能です。