小顔矯正は痛い?痛みがある原因と危険な施術とは

小顔矯正は痛い?痛みがある原因と危険な施術とは

施術を受けると小顔になることができるという「小顔矯正」について、興味をお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。しかし、「小顔矯正」=「痛い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。また、「いくら効果があっても痛い思いはしたくない」、と思う方がいる一方で、「痛いほど効き目がある」「少しくらい痛くないと効果は出ないだろう」というイメージもあります。実際にはどうなのか、このコラムでは痛みの正体や間違えた小顔矯正の実態について丁寧に解説していきますので、是非施術を受ける前にお読みください。

「小顔矯正は痛いほど効果がある」?当院の施術の特徴

最初に申し上げておきますと、当院の小顔矯正は「痛い」です。他院様の小顔矯正でも、実際にここまで痛みを伴うものはなかなかない、とのお声をいただくこともあります。もちろん痛みの感じ方には個人差がありますので、「めちゃくちゃ痛い」から「痛気持ちいい」という程度まで感じる方によってご感想はそれぞれです。

このように、当院の施術が痛いということを説明しましたが、ご注意いただきたいのは「痛みを伴う小顔矯正=効果がある」というわけではないということです。小顔矯正をきちんと理解していない一部の人たちが、強い力を加えて「頭蓋骨にアプローチする」施術を行っています。これについては後でも記述しますが、日常生活になんらかの後遺症を残すリスクにも繋がる危険なものです。

なお、小顔矯正に「痛いほど効果がある」という認識が浸透している理由として、例えば肩こりで痛みを感じている人がマッサージを受けた場合、「大したコリではありません」と言われるより「コってますね」と言われる方が納得感があるものです。同様の心理で、「小顔になりたい」と思う人が、痛みが強いことを求めてしまう傾向にあるのでしょう。

当院の小顔矯正に痛みを伴うのは、滞留している毒素にアプローチしているからです。決して頭蓋骨にアプローチした時の痛みではありません。また、滞留している毒素が流れ、リンパの流れが整ってくると痛みがなくなってきます。当院は決して、闇雲に力いっぱい施術をし、痛くしているのではなく、痛みを適切にコントロールし、施術を行なっているとご認識いただければと思います。

その痛み、本当に必要なもの?痛みを伴う施術の中には危険なものがあります

当院の施術による痛みが、危険な部分にアプローチしているからというわけではないことをご理解いただけたかと思います。
本項では、例えば当院以外で小顔矯正を受けられた際に激痛を伴った場合のリスクなどについて解説していきます。

実は、頭部や頬、顎などに強い圧力を加えて「顔の骨そのものを小さくする」という方針の施術が存在します。しかし、現実的にはどれほど強い力を加えても、顔全体が小さくなるということはありません。顔の骨の位置を変化させることは可能ではありますが、頭部に必要以上に強い力を加えられることで、健康を害するリスクが出てしまいます。

実際に存在する健康被害は以下のようなものです。

  • めまい
  • 吐き気
  • うつ病
  • 自律神経失調症

これらの被害が発生するのは、施術方針として「強い力で骨を押せば押すほど顔を小さくすることができる」という認識があるからです。残念ながら、骨を押すことで位置は変化しても小顔効果には限界があるため、極度の施術は激しい痛みを伴うだけでなく健康被害すらあります。このような施術を受けるのは避けたほうが賢明と言えます。

では、適切な「小顔矯正」とはどんなものなのでしょうか?
基本的には骨にアプローチするのではなく、当院の施術のように血液やリンパの流れを良くすることで顔のむくみを取ったり、筋膜(筋肉を包んでいる膜)にアプローチしてたるみを取ったりして、スッキリ引き締まった顔にする、あるいは嚙み合わせのバランスを整えたりして左右のひずみを取り除く、というものです。ですから、1回の施術で根本的な顔痩せができる、というものではありません。(1回目の施術で大きな効果を実感されるケースもありますが、これはむくみなどが取れたことによるものです)

まとめ

それでは、ここで一度要点をまとめましょう。

  • 小顔矯正は痛みを伴うケースもあるが、アプローチする場所を間違えると大変危険
  • 「小顔矯正は痛ければ痛いほど効果がある」というのは間違ったイメージ
  • 骨を押すことで位置は変化しても小顔効果には限界がある
  • 適切な小顔矯正は、むくみやたるみをとる、バランスを整えるものである
  • 血液やリンパ、筋膜にアプローチする施術なら、回数を重ねるほど痛みが少なくなる

小顔矯正に関連する痛みのことを理解していただけたと思います。
「痛みを伴う小顔矯正は全てが危険」といった記事も散見されますが、全ての痛みには理由があります。
適したアプローチを行えばリスクを負わずに小顔効果を得ることはできますので、もしご不安な点がありましたら施術を受ける前にご相談ください。