目を大きく見せる正しいマッサージ方法

目を大きく見せる正しいマッサージ方法

目がぱっちりしていると、表情も明るく見えて好感度が高いと思います。しかし30代から40代になると、逆に年齢とともに目が小さくなった気がする、という方が増えてきます。何故目が小さくなるのでしょうか?このコラムではその原因と、誰でも簡単にできる対策をまとめます。目が小さくなった気がする、と気にしている方必見です。

目が小さくなってしまうNGな生活習慣とは

歳を重ねたからと言って実際に目が小さくなるわけではありません。それは以下の二つの理由によって、目が小さく見えているからなのです。

  • 加齢によりまぶたがたるんでくること
  • 顔のリンパの流れが滞ることによるむくみ
  • 筋肉がゆるむ
  • 水分、コラーゲンが少なくなる
  • しわが増える

これらは何気ない生活習慣でも助長していることがありますので、好ましくない項目を下にまとめます。

目をこする動作

まぶたを開閉する筋肉をミュラー筋と言いますが、目をこするクセによってこの筋肉を傷めてしまうことがあります。するとまぶたがたるみやすくなり、目が小さくなったように見えてしまうのです。そのため花粉症がある方や乾燥肌の方、涙腺が弱いという方は要注意です。

またアイメイクを強調しがちの方は、できるだけこすらないように専用のリムーバーで拭きとるようにしましょう。
こするだけでなく眉毛を毛抜きで抜くこともあまりよくありません。この行為もミュラー筋を伸ばしてしまうので、同様の結果が生じます。

目を酷使する、睡眠が不足する

仕事や娯楽で、一日中パソコンやスマートフォンに向かっていたり、目視で精密な検査などを行ったりといった、目を酷使する生活が続くと眼精疲労がたまってきます。これによってミュラー筋が緊張したままの時間が長く続くと、本来持っている伸縮性が低下してまぶたがたるんできます。

また、デスクワークなどで同じ姿勢を取り続けることは肩や首にコリが生じますので、血行が阻害されむくみの原因になります。睡眠が不足しがちな方も同様のことが起こります。

メガネやコンタクトの度数があっていない

度数が合わないメガネやコンタクトを使っていると、焦点を合わせるために目を細めることがクセになってしまいます。これによっても目は小さく見えがちになってしまいます。

自分に合った目を大きくするマッサージやエクササイズ

目元マッサージ

スキンケアの後に、乳液やクリームを塗って滑りが良くなった状態で下のマッサージを行いましょう。

目元マッサージ

①目じりからはじめて目の下、上まぶたのくぼんだ部分と円を描くようにマッサージします

②目頭から目じりまで優しくマッサージした後、ツボを押す要領でこめかみ(太陽のツボ)を押してください

③続いて耳の前まで指を移動し、リンパの流れを促進しましょ

④顎から首へとフェイスラインに沿って鎖骨まで指を滑らせ、最後に鎖骨の下のツボを少し強く押します

⑤以上を3回繰り返しましょう

額マッサージ

額マッサージ

①額の真ん中に両手の人差し指、中指、薬指を置き、円を描くようにやさしくほぐしましょう

②人差し指と中指で、眉の上から髪の生え際に向かってらせんを描くようにマッサージします

③手のひら全体でこめかみを押さえ、頭頂部の方向に円を描くようにマッサージしましょう
☆このマッサージを行う前に、体温より2~5度程度暖めたタオルを目の上に載せて5分間温めた後、冷水で冷やしたタオルを1分間当ててみてください。何もしないよりもさらに効果的です

目頭をつまむ

①まず目を閉じて、目頭を軽くつまみます

②これを1分キープするだけです

ツボを刺激する

以下のツボを中指か人差し指で、心地よいと思える範囲で、ゆっくりと強めに押しましょう

  • 攅竹(さんちく):眉毛の最も内側の真下にあるくぼみ
  • 清明(せいめい):目の最も内側部分と鼻の付け根の中間にあるくぼみ
  • 承泣(しょうきゅう):目の中央部の真下の骨の最上部

小顔矯正を行うことでも目が大きくなる

ここまでは目を大きくする手段として、自分自身でできるお手軽なセルフケアを紹介しました。これらはコツコツ続けていれば、まぶたのたるみやむくみを防止する効果があります。とはいえ、やった方が良いとわかっていてもなかなか続かない、という方もおられますよね。そんな方におすすめしたいのが、当院での小顔矯正マッサージです。

「小顔じゃなくて目を大きくしたいんだけど」と思われるかもしれませんが、むくみを取ったり顔の筋肉の状態を改善したりするのは当院の施術の得意な分野です。それぞれの方の状況を踏まえて、適切なケアを行います。セルフマッサージは有効な手段ではありますが、当院による施術はそれを上回る効果を期待することができます。この機会にぜひ利用してみてください。

まとめ

いかがでしたか? まぶたのたるみやむくみを気にしている方は、思い当たる生活習慣があったのではないでしょうか。まずこれらの良くない習慣を改善して、目元ぱっちりの輝く笑顔を取り戻しましょう。 コツコツとセルフケアするのもいいですし、「結果が早く欲しい」「セルフケアが面倒」という方は当院の施術による小顔矯正マッサージをご検討ください。